配属ガチャで工場勤務になったけどどうすればいい?ガチャがハズレの対処法

新しい職場での配属は、人生の一大イベントですが、時には自分の期待と異なる結果になることもあります。

開発職や研究職希望だったけど、配属ガチャで工場勤務に配属された場合、その環境や仕事内容に戸惑いや不安を感じることもあるでしょう。

しかし、配属ガチャでの結果がどうであれ、その先には部署異動や転職につなげる可能性が秘められています。

この記事では、配属ガチャで工場勤務になった際の対処法と、部署異動や転職に繋げるための具体的なアプローチについて解説します。

目次

配属ガチャの結果(ハズレ)を受け入れる

まずは、現状を受け入れることから始めましょう。

希望とは異なるからと言って一時的な感情で仕事をやめてしまうのは非常に勿体ないです。

配属先が工場勤務であることは、一つの経験として受け止めるべきです。

過去の経験や希望とは異なる結果に対して、自らを責めたり後悔することはありません。

現実を受け入れ、次の一歩を踏み出す準備をしましょう。

希望通りにならなくてやる気がなくなる気持ちはわかりますがせっかく入社した会社。とりあえず辞めるのだけはやめましょう。

職場環境(工場)を理解する

次に重要なのは、自身が配属された工場の職場環境を理解することです。

業務内容や労働条件、職場の雰囲気などを詳細に把握し、自分にとっての働きやすい環境かどうかを判断します。

また、同僚や上司との関係性やコミュニケーションスタイルも重要な要素ですので、積極的に関わりを持つよう努めましょう。

まずは配属先で働いてみる。スキルアップに取り組む

工場勤務が一時的な経験である場合でも、自分のキャリアや将来の目標を見据えて、まずは働いてみましょう。

実際に働いてみないと分からなかったことがたくさん見えてくると思います。

それに工場勤務で得られる経験やスキルは、転職活動においても大きな財産となります。

そのため、業務に集中しながらも、今後の異動や転職も見据えて自己成長やスキルアップに積極的に取り組みましょう。

新しい技術や知識を学ぶ機会を有効に活用し、自己啓発に努めることが重要です。

どのようなキャリアパスを目指すのか、どのようなスキルや経験を積みたいのか、働きながら考えてみましょう。

工場(現場)を経験は開発職・研究職で重宝される

開発職、研究職が工場での仕事を理解することは重要です。

開発職や研究職で働くにしても、工場(現場)の仕事を分かっていないと話になりません。

つまり工場勤務を経験することは、メリットともいえるのです。

なぜなら、開発職が製品やプロセスを設計する際に、工場での実際の生産状況や現場の課題を理解することで、より効果的な設計や改善を行うことができるからです。

工場での生産プロセスや機械の動作原理を理解することで、設計における制約や課題を把握し、より実用的で効率的な製品やプロセスを開発することが可能となります。

また、工場での作業員とのコミュニケーションもスムーズに行えるため、チーム全体の効率や生産性を向上させることができます。

そのため、工場での仕事を理解することは、ものづくりをするうえで仏用不可欠であり、製品やプロセスの品質向上や生産性の向上につながります。

工場勤務で得られる経験やスキルは、大きな財産になる!

他部署の情報収集を行う

開発職、研究職は残業時間が多くブラックな部署として認定されている場合も少なくありません。

工場勤務している間に働きたいと思っていた部署の情報収集をすることをおススメします。

「行かなくてよかった!」と思うかもしれません。

配属異動又は辞めたいことを上司に相談する

工場勤務中には、同僚や上司と積極的にコミュニケーションを取るよう心がけましょう。

他の部署に関する情報を収集し、異動したい部署の候補を見つけるための情報収集も行うことが可能です。

そして実際に工場で働いた結果、開発や研究を行う部署に異動したい意思が変わらなければ上司に相談しましょう。

上司とは定期的に面談を行う機会がありますのでその時に相談するのでも良いでしょう。

上司が異動先の部署にかけあってくれて意外と簡単に異動が出来る場合があります。

上司が無能、またはパワハラ上司で人間関係も良くない場合は、相談することはやめましょう。相談するだけ時間の無駄です。(筆者の経験談)

社内異動を検討する

転職活動を成功させるためには、広い人脈やネットワークが必要です。

工場勤務中には、同僚や上司、取引先企業などとの関係を築き、積極的にコミュニケーションを取るよう心がけましょう。

また、業界や職種に関する情報を収集し、転職先の候補を見つけるための情報収集も行います。

辞めることも考え、転職活動を開始する

最後に、転職活動を開始します。自分のキャリアや目標に合致する企業や職場を探し、積極的に応募活動を行います。

求人情報サイトや転職エージェントを活用し、多くの情報を収集して適切な転職先を見つけましょう。

また、履歴書や職務経歴書を充実させ、面接で自己アピールする準備も大切です。

配属ガチャで工場勤務という結果が得られたとしても、それを転職につなげるための道は必ずあります。

自己成長やスキルアップに取り組み、積極的に転職活動を行うことで、理想のキャリアへの道を切り拓いていきましょう。

自分自身の能力と信念を信じて、転職活動に前向きに取り組んでいきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次