仮想通貨

【仮想通貨】Cappasityとは?特徴、将来性について紹介

hirokio
hirokio
どーもHirokioです。本記事ではcappasityとはどんなものなのか、チャートが上がる将来性など詳しくご紹介致します!

CAPP(Cappasity)とは

近頃、仮想通貨をしている人なら一度は耳にしたことのあるcappasity!

気になっている人もいるのではないでしょうか。2017年に公開されたばかりでcappasityでキャパシティと読み略称は『CAPP』です。cappasityとはどんなものなのか、チャートが上がる将来性など詳しくご紹介致します。

CappasityのCAPP通貨とは?

Cappasityは数ある仮想通貨の一つだと思っているかもしれません。ですがCappasityとは「Cappasityという会社のトークン」のことをいいます。すこし紛らわしいですね。

そして、Cappasityは、企業がWebサイト、モバイルアプリ、VR / ARアプリケーションに3Dコンテンツを素早く簡単に作成して埋め込むことを可能にするプラットフォームです。また、世界各地の販売者と購入者間でAR / VR / 3Dコンテンツの取引を促進するデジタル決済手段として発行されます。

3Dコンテンツとブロックチェーンって関係あるの?

と思うかもしれませんが、ブロックチェーンはCappasity社の目標を実現するために欠かせない技術になります。

購入者と販売者のコンテンツ取引の詳細情報・データは、ブロックチェインに不可避的に格納されています。

格納されたデータは、著作権侵害を防ぐためのIDまたはハッシュが割り当てられ、すべてのデータのすべてのハッシュがブロックチェーンにリストされ、変更することはできません。

コンテンツ取引が完了すると、そのすべての詳細はプロトコルに従って処理され、変更・偽造することはできません。たとえば、システムでは、悪意のある人物が他の人のファイルを自分のものとして主張して売却したり、レンタル期間が終わったのにズルしてレンタル継続することはできません。

したがって、コンテンツ取引、つまり購入者と販売者は、著作権が完全に保護されていることが保証される。というのがざっくりとした仕組みになります。

実際に目標としてコンテンツの作成やレンタル・販売するブロックチェーンのプラットホーム、著作権の保護、デジタル決済手段などを掲げています3Dモデルは将来性がある分野でありながら、参入する為の敷居が高いと嫌煙されてしまっているのを解消し拡大しようとしているのです。

店頭でのショッピングとオンラインショッピングが同じ感覚で実現

他にも、Cappasity社は3D画像を通じて、オンライン小売店での店頭閲覧体験を提供します。

ネット上で購入したい商品を3D画像で詳細をチェックして、購入したい商品をより深く理解することができます。

つまりネットショッピングが、店舗に出向いてショッピングすることと同じような感覚で買い物ができてしまうということです。

これって便利ですよね。買って後、現物を見たとき「え!?思っていたものと違うやんけ!返品したろ」「クレームつけたろかい」なんてことがなくなるということです。販売者、消費者、両者にとって大きなメリットとなります。

以上、3Dコンテンツ制作と配信のための安全で便利な環境を作りのポイントは下記の通りです。

  • コンテンツの作成やレンタルの推進
  • 販売するブロックチェーンのプラットホーム
  • 著作権の保護
  • デジタル決済手段

cappasityのCAPP通貨は事業提携がすごい

実際にcappasity社の公式サイトに公表されている今後のビジネス展開図を見ると、3DやVR・ARなどの市場規模は800億ドル”になると言われていてゴールドマン・サックスが2025年までに350億ドルとなり6割の利益を消費者から得ることができると考えられています。

現在は3D市場の場合、アーリーアダプター(流行に敏感で、情報収集を自ら行い、判断する人。)のみが恩恵を受けている状態ですが、将来的にはもっと身近なものになり、例えば毎日のように見ているブログやサイトなどが3Dになるのもそう遠い話ではないかもしれません。

このことからも仮想通貨をかじっている人であれば、cappasity社のCAPP通貨が今後急騰してもおかしくない将来性を期待してしまいますね。

さらにクリスチャン・ディオール、ブルガリ、フェンディ、ルイ・ヴィトンなどの超有名企業との事業提携を果たしていることもあり、仮想通貨としての信頼性はますます高騰していると言えるのではないでしょうか。仮想通貨はたくさんありますが、こんなにも超有名企業との提携はなかなかありませんよね。

CAPP通貨の将来性が知りたい!

やっぱりCAPPのチャート気になりますよね。

ただし2018年4月現在、cappasityのCAPP通貨はチャートが下がっています。これは“エアードロップ”という、通貨のバラマキが行われていることに原因があるのだとか。

実際これが今後どんな影響が出てくるのかはわかりません。あとBTCの暴落につられていることもあります。CAPPに限らずほとんどのアルトコインが同じようにつられている傾向が見えますね。

しかし現在iOSアプリのリリースは進んでおり今年の夏にはAndroid版のアプリもリリースするのではと言われています。仮想通貨としてのプロダクトの将来性が高いこと、現在は通貨としての単価も安いので買い時といえるのではないでしょうか。

時価総額ランキングの伸びしろに期待!

時価総額ランキングも今後のチャートの伸びしろを判断するうえで押さえておきたいファクターになります。

2018/4/6現在 ランキングは404位。ロードマップや今後の3DやVRの市場規模から考えると今の順位は低すぎる。。価格も低すぎると思います。

例えば現在3位のリップルと比較しても市場規模はまだ、1/2000 です。なので市場規模が大きくなればCAPPの価格は10倍、100倍に暴騰してもおかしくないと考えています。

ただし、それが1週間後や1か月後にくることまずありません。年のスパンで見る必要があるので長い目で応援していきたいですね。

404位 CAPP          $9,376,426           2.58円

3位 リップル  $18,403,628,300               50円

「HitBTC」や「クリプトピア」にて購入可能

またCAPP通貨は現在日本円にて購入することができず、国内の取引所にてビットコインを購入した後に、海外の「HitBTC」や「クリプトピア」にて購入する流れとなります。海外の取引所だと不安…なんて人もいるかもしれません。取引所としての安全性を取るのであればクリプトピアをおすすめ。私はHitBTCで買っていますが(^^)/

まとめ

cappasity社のCAPP通貨は仮想通貨のなかでは比較的低い位置づけにいますが、今後伸びるだろう将来性を秘めています。

資金調達が完了していないのは難点ですが、それは日本の仮想通貨取引所ではCAPP通貨が買えないことも影響しているのかもしれません。

3D/VR/ARはゴールドマン・サックスの影響もあり、今後より成長して行く分野でもありそれに伴いCAPP通貨が急騰するのに期待します。