仮想通貨

【仮想通貨】FDZ(Friendz)とは?特徴、将来性について紹介

hirokio
hirokio
どーもHirokioです。本記事では、有名企業も賛同していること、先行販売で約5億6000万円が売れるなど注目度を集めているFDZについて説明します。!

FDZ(Friendz)とは?

数ある仮想通貨の中でもオンラインマーケット市場に新しい風をもたらそうとしているのが「フレンズ(FDZ)」

ブロックチェーンの技術を用いてプラットフォームを作成し「企業」と「個人」を結びつけてブランドを宣伝することによって報酬を得られるという新しい仕組みです。

例えば私がSNSを通して企業に関する情報、写真を投稿します。それを見たあなたが「いいね!」を送ります。「いいね!」を受け取った私は、報酬としてFDZがもらえるといった感じです。

なので当然もらった「いいね!」の数が多いほど報酬がたくさんもらえるんです。

もともとはヨーロッパを中心に若い世代に人気のある「画像投稿型SNS」のことをいいます。

日本ではほとんど知られていませんが、すでに20万人以上のユーザーを持っていて、日本でいうInstagramに報酬が発生するという新しい仕組みでもあるのです

もちろんどんな写真を載せても報酬が発生するのではなく、あなたが企業を宣伝する広告塔になることで報酬を得ることができるのです。

SNSを介して行うことにより、

「親しい間柄の人が紹介する広告=信頼できるもの」

としてとらえられ、宣伝力を高めて購買に繋げるのが目的です。

赤の他人が言うことより、親しい人の言うことのほうが信頼できます。人間の心理をうまく使い、宣伝効果を引き上げるんですね。

FDZのICOがすごい!

2018年3月1日に公開しICONIC開始前の先行販売はたったの2時間で高額な売上を作り出しているのは、現代がSNS社会といえるからだけではありません。

すでにSNSとして地位を確立しているからこその信頼性と、SNSはただ写真を投稿して“いいね”をするだけのものから報酬を獲得できるものへと変化していくと言われています。

またあなたが選ぶ企業によっても報酬額が変わるというのもポイントです。高額な報酬額を狙って選んでみてもいいですよね。

FDZは現在ヨーロッパを中心としていますが、今後は世界に進出する為のICOを行うと言われ、SONYやFURLA・PHILIPS・ディズニーなど200社以上の大手ブランドの参加も決まっています。アドバイザーにもICOで実績を残して成功している人たちが賛同しています。

FDZの将来性とは?

ICO Bench で高評価

ICObenchとは、無料のICO評価プラットフォームであり、投資家に分析的、法的、技術的な洞察を提供する幅広い専門家の支援を受けるブロックチェーンのコミュニティです。

ICOは投資家や専門家により、下記のような評価項目によって評価されます。点数は5点満点。その中でFDZは4.7点(5点満点中)を取っています。

このことからも投資家や専門家からも今後が期待されていることがわかります。

  • ICOのプロフィール:不安要素や不確実な情報がないか
  • プロジェクトチーム:経験方法なICO経験者がメンバーに参加しているか
  • ビジョン:ビジネス戦略について
  • 製品:ロードマップ、製品の成熟度は明確化

HITBTC取引所に上場

最近HITBTCに上場しました。HITBTCとは300種類以上の多くの仮想通貨を取引でき、ICOへの参加も簡単にできる取引所です。

他にも世界でも最大級の取引所であるBINANCEへの上場も準備中とのことで、FZDの取引量も今後増えていくことが予想されます。価格も2018/5/18現在は日本円で3円程度。

私は買い時なのかなと考えています。ランキングも1300位くらい。今後の伸びしろに期待しています。

まとめ

現在アプリなどは日本語には対応していませんが今後対応して行くとも言われていますし、2017年にも日本円にして1億6000万円もの収益をあげるなど急激に伸びている仮想通貨でもあるのです。

FDZは仮想通貨の新しい形でもありますし、今までICOをしていても具体的な方向性すら見えなかった企業もありましたが、確かな実績を積んでいる時点でも信頼できるものであり、2018年に大きな躍進的な進化を見せてくれるのではないでしょうか。

FDZであれば今まで仮想通貨に興味のなかった層も参加して、より大きな市場として進化することになるかもしれません。