資格

第一級陸上無線技術士の資格取得者ができることとは?メリットと主な就職先を紹介

ヒロキオ

どーもヒロキオです。第一級陸上無線技術士は無線資格の中でも最高峰の資格です。

いろいろな世代の移動通信システムのマーク

現在、各社で5G等の次世代通信システムの研究開発が行われています。

様々なサービスが私たちの生活を変えるとされており、世の中では産業を革新するとされ、 無線通信に対する需要や期待が高まっています。

これに伴い無線技術士の需要も高まっていることから、 第一級陸上陸上無線資格を取ろうと考えている方も少なくないのではないでしょうか。

上記の理由だけでなく第一級陸上無線技術士の資格を取る理由は様々あると思います。

無線関係の仕事に従事している方が仕事の関係上取らないといけなかったり、学校の方針で受験したり、履歴書の保有資格の欄に書くために受験したり。。

結論から言うと取っておいて損はありません。

無線という分野が自分の人生に少しでも関わってくる可能性があるようでしたら迷わず取るべきでしょう。

この資格は国家資格で有効期限はありません。一度資格を取ってしまえば一生モノです。

難易度はそこそこ高いのでしっかり勉強しないと受からないですが適切な勉強法で勉強すれば受かります。

しかし、受かることにとらわれてしまい、資格保有者はどんなことができるのか、資格保有のメリットは何なのか等を理解しないで試験に挑んでいる人も少なくないと思います。

そこで本記事では、そのような人向けに下記の内容を説明します。

この記事を読むとこんなことが分かる

  • 資格保有者はどんなことができるのか
  • 資格保有者はどんな業界で働くの?
  • 資格保有者のメリット

実際にどんなことができるのか、どんな業界で働くことができるのか。

せっかく資格の取得を目指ならしっかりメリットは知っておくべきです。

知っているといないとでは試験勉強のやる気にも関わってきます。

ということで資格保有者のメリットはしっかり押さえておきましょう!

陸上無線技術士とは

陸上無線技術士

まず無線従事者とは、電波法に定める無線設備の操作又はその監督を行う者で、総務大臣の免許を受けた者のことをいいます。

その中で陸上無線従事者の資格は、陸上の無線局の無線設備の技術的な操作を行うためのものです。

この資格には、第一級陸上無線技術士と第二級陸上無線技術士があります。

第一級陸上無線技術士の資格があると何ができる?

電波塔のイラスト

第一級陸上無線技術士の資格をもっていれば放送局、電気通信業務用等の固定局、無線測位局等、すべての無線局の無線設備の技術的な操作を行うことができます。

無線局には必ずこの資格を持っている人がいなければなりません。

電波を扱う無線設備は資格保有者による操作が原則ですので、そのためには資格の取得が絶対条件です。

資格を持っていない人が無線設備の技術的な操作をすることは電波法違反となります。

第一級陸上無線技術士の資格保有者のメリット

資格を持っていることで出来ることを説明しましたが他にメリットがたくさんあります。

1.電気通信主任技術者の試験科目の免除

電気通信主任技術者の試験は下記の3科目で構成されています。

(1)「システム」
(2)「専門」
(3)「設備」
(4)「法規」

第一級陸上無線技術士の資格をもっていると、この中で「システム」と「専門」の試験科目が免除されます。

受験申込時に申請すると、 「システム」と「専門」 以外の2科目受験するだけで良いことになります。

ヒロキオ

私はこの科目免除を利用して電気通信主任技術者の資格を取得しました!

2.工事担任者の試験科目の免除

工事担任者の試験は下記の3科目で構成されています。

(1)電気通信技術の「基礎」
(2)端末設備の接続のための「技術・理論」
(3)端末設備の接続に関する「法規」

第一級陸上無線技術士の資格をもっているとこの中で「基礎」の試験科目が免除されます。

受験申込時に申請すると、「基礎」以外の2科目受験するだけで良いことになります。

3.教員免許の授受

第一級陸上無線技術士の資格を持っている場合、次のとおり教員の免許状の授与を受けることができます

詳細は、教育職員免許法施行法2条、教育職員免許法6条1項を確認してみてください。

(1)中学校及び高等学校の助教諭の臨時免許状
第一級総合無線通信士又は第一級陸上無線技術士の資格を有する者若しくは第二級総合無線通信士又は第二級陸上無線技術士の資格を有し、2年以上無線通信に関し、実地の経験を有する者で技術優秀と認められる者


(2)中学校教諭の二種免許状及び高等学校教諭の一種免許状
第一級総合無線通信士又は第一級陸上無線技術士の資格を有し、3年以上無線通信に関し、実地の経験を有する者で技術優秀と認められる者

※日本無線協会ホームページより抜粋

4.職業訓練指導員(電子科)の資格

職業訓練指導員とは簡単に言うと職業訓練所の先生のことです。

職業訓練指導員とは、公共職業訓練及び認定職業訓練において、訓練を担当する者をいう。

その業務は、公共職業能力開発施設等において、職業のための技能や知識を指導したり、働く人々や産業界が求める教育訓練の内容を的確につかみ、キャリア形成に関する相談支援や教育訓練プログラムにまとめあげる事等である。

※wikiより抜粋

第一級陸上無線技術士の保有者は、「実技」、「系基礎学科」、「専攻学科」の各試験が免除され、「指導方法」の学科試験の受験だけになります。

しかも 「指導方法」は 参考書を一冊勉強すれば受かるレベルと言われています。

これ結構お得です。 第一級陸上無線技術士の資格を持っている人はついでに取ることをお勧めします。

資格保有者の主な就職先

第一級陸上無線技術士の資格保有者の主な就職先は下記のとおりです。

当然かもしれませんが第一級陸上無線技術士の資格を取る人たちは、技術系の仕事に就くことが多いですね。

主な就職先(一部Wiki参照)

官公庁は簡単に言うと公務員のことです。

電気通信事業者は例えばNTTなどの会社です。他にも数えきれないほどの電気通信事業者がいます。

総務省のホームページで電気通信事業者の一覧が見れるので参考にしてみてください。

無線の資格を取るために勉強すると思いますが、その知識を仕事で活かせる職場はかなりあると思います。

私も上司に選ばなければ飯を食えなくなることはないとまで言われていましたw

おすすめ就職先

某電気メーカーで無線機器の開発を行っている私の個人的なおすすめ就職先は下記です。

  • 技術基準適合証明の登録証明機関
  • 登録検査等事業者等
  • 指定較正機関

どういった部分がおすすめかというと認証機関や検査機関は、基本的にはなくならないからです。

具体例をだして説明します。

例えば無線機メーカーが開発する無線機は当然電波を出すことになります。

しかしその電波を出す行為は無線機メーカーが勝手におこなってよいわけではありません。(厳密には使用する周波数によってかわりますが、、)

ではどのようにして電波を出せるようにするのかというと電波を出すための認証を、認証機関等に受けることになります。

つまり認証機関は無線機メーカーが無線機器が世の中からなくならない限り需要があるのでなくなることは無いのです。

無線の需要がこれからもっと出てくるのに、 世の中から無線機がなくなるなんてことは考えられませんよねw

以上のことから認証機関や登録機関等、つぶれることはない機関が安定性という面からおすすめです!

転職エージェントで求人を探そう

転職先を探している人は転職エージェントで探したほうが自分に合った職場を見つけられると思います。

理由は、転職のプロが求人の紹介から内定までフォローしてくれるからです。

転職しなくても自分に合った求人等を紹介してくれるので試しに話を聞くのもありだと思います。

おすすめ1位 マイナビエージェント
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。 人材紹介サービスを利用しての転職は、求人を閲覧するだけの転職サイトと異なり、 業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの情報提供を受けられます。IT、メーカー技術職、金融系職種、営業職の転職を考えている人はマイナビエージエントがおすすめ。
 
おすすめ度
特徴①20~30代に転職サポートに強い!人事&採用担当との太いパイプ
特徴②IT、メーカー技術職、金融系職種、営業職の転職に強みがある
特徴③関東エリアの求人を網羅!東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富

公式ページ

おすすめ2位 リクナビエージェント
転職のリクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1です。幅広い業界の求人を網羅。各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが転職を成功をサポートしてくれます。転職が初めてでまず何をしたらいいか分からない人はまずリクナビエージエントに登録しておけば安心です。リクルートエージェント主催の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能です。 転職が初めての人やどの転職エージエントを選べばいいか分からない人におすすめ。
 
おすすめ度
特徴①転職実績No.1
特徴②非公開求人数20万件以上
特徴③専門のコンサルタントがフルサポート

公式ページ

おすすめ3位 doda
パーソルキャリアの「doda」は大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイトです。 まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができます。 他にもdoda主催の参加企業380社以上、求人数1,300件以上の優良企業が多数参加する転職イベントが開催され、書類選考なしで気になる企業と面談ができます。イベントはdodaに登録しておけば参加できます。本当に自分に合った企業を探したい人におすすめ
 
おすすめ度
特徴①転職者満足度No.1
特徴②大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載
特徴③企業の人事担当者と直接話ができるイベントのdoda転職フェアも年に数回、開催

公式ページ

 

単純にどんな求人があるか知りたいってだけであればリクナビNEXTを利用するのもありです。

ただし求人の募集状況は日々変わります。

思い立った時に行動しないと自分に合った求人を逃してしまいリスクがありますので時々チェックしておくことを強くお勧めします。

まとめ:第一級陸上無線の資格で選択肢が広がる!

いかがでしたでしょうか。

第一級陸上無線技術士の資格を持っていることで出来ることや、メリットが少しでもご理解いただけたのではないでしょうか。

資格を取得することで出来ることはもちろん、これからの進路の選択肢もきっと広がるはずです。

ぜひ試験にチャレンジしてみてください!