ストレス

職場の人間関係がめんどくさい時の3つの対処法

hirokio
hirokio
どーもHirokioです。職場の人間関係がめんどくさいと感じている方は多いのではないでしょうか

実際に、働いている方の悩みのほとんどが人間関係に起因しています。

ただ、仕事というのは人と人との関わりの中で成り立っているものなので、人間関係を無視するというわけにはいきません。

しかしながら、かと言って毎日「めんどくさい……」という思いを抱えながら仕事をするのもつらいものです。

そういった方のために、ここでは職場の人間関係がめんどくさいときの対処法、解決法について紹介します。

1.仕事以外での接触を避ける


まず、職場の人間関係がめんどくさいときには仕事以外での接触を避けるようにしましょう。

冷静に考えてみると、仕事以外での接触というのは意外に多いものです。

例えば、会社の飲み会というのもまさにそうです。もちろん、飲み会でコミュニケーションをとって親睦を深めるという意味はあるのかもしれませんが、極端な言い方をすると仕事には直接的に関係のないことです。

まったく参加しないとなると角が立ってしまう可能性がありますが、理由をつけて早めに抜けたり、参加するにしても1次会のみにしたりといった形で切り抜けていきましょう。

職場の人とのプライベートな食事、旅行といったものも避けるようにしましょう。

「仕事でしか関わりません」というスタンスを貫くことによってそのうち声もかからなくなってくるでしょうし、余計な人間関係で悩まされることもなくなるでしょう。

明確な拒絶をしてしまうと逆に仕事がしにくくなってくる部分もあるかもしれないので、やんわりと「これ以上は関わりませんよ」というアピールをしていきたいところです。

2.プライベートと仕事でスイッチを切り替える


個人差はあるでしょうが、自分の中にスイッチがあるという方も多いのではないでしょうか?

例えば、家に帰った途端にスイッチが切れるという方もいるでしょうし、ゲームなど自分の好きなことをしているとスイッチが入るという方もいるでしょう。

このスイッチというのは、簡単に言ってしまうと気持ちの切り替えです。プライベートと仕事でスイッチを切り替えるというのもひとつの方法です。

実際に仕事ができるできないは別として、仕事をするときは自分の周りにバリアを張るように意識し、バリバリの仕事人間や仕事をこなすだけのロボットになるようなイメージです。

プライベートとはまったく違う自分を演じて、必要のない雑談は一切しない、もしくはそういった雑談も含めて仕事であると割り切って職場での時間を過ごすのです。

職場での人間関係がめんどくさいと感じている方は、プライベートと仕事がゴチャゴチャになっていることも少なくありません。

プライベートに仕事を引きずり、仕事にプライベートを引きずりといった具合になってしまうからこそ、余計にめんどくさくなってしまうのです。自分で明確に線引きをして、メリハリをつけることによって違ってくる部分もあるのです。

3.誰かに話を聞いてもらう


いろいろ試してみたものの、それでも「職場の人間関係がめんどくさくて仕方がない!」ということであれば誰かに話を聞いてもらうようにしましょう。

同じ社会人同士であれば同じような悩みを共有できるかもしれませんし、アドバイスをもらえるようなこともあるかもしれません。

ただ、誰かに話を聞いてもらうのであれば、「ちょっと愚痴を聞いてもらえないか?」と一言断りを入れるようにしましょう。

というのも、人の愚痴を聞くというのは思っている以上に大変なことです。

聞く側にも余裕がないと負担になってしまいますので、相手に余裕がありそうなときに一言伝えてOKをもらえたら話を聞いてもらうという形にするといいと思います。

身近な人には話しにくいという場合には、いわゆる愚痴聞きサービスといったものを利用するといいでしょう。お金はかかるでしょうが、それこそ吐き出したいだけ吐き出すことができますのでスッキリします。ストレス発散にもなるでしょう