ストレス

辛い!メンタルを壊される前に知っておきたい厳しい上司との付き合い方

ヒロキオです!(hirokio_i

会社で働いていると上司との関係に悩むことも多いのではないでしょうか。

一度関係がこじれてしまうと仕事が順調に回らなくなってしまったり、職場でも肩身の狭い思いをしなくてはいけない場合があり、

それだけ会社で仕事をしていく中で、上司との人間関係は重要になります。

私自身、実際に上司との関係がうまくいかないことで仕事のモチベーションや生産性が低下することを経験しています。

今の職場でもそうなんですが所属している部署の上が相当のくせものでメンバー全員が人間関係に悩んでいます(これ以上はこの記事では言いませんが(笑))。

そんな人たちと現在進行形で仕事をしています。

悩んでいる人は読者さん一人だけではありません!

それだけは覚えておいてください!

部下に対して異常に厳しく、みんなから距離をおかれていたり怖がられている上司っていますよね。

本記事では厳しい上司とどうやって付き合っていけばいいのか、その方法を紹介します。

どうしても無理って人は転職という手もあります。世の中には沢山会社があるので限界であれば考えても良いと思います。

厳しい上司には2通りのタイプがある

部下に厳しい上司とは2種類のタイプがあります。

部下に厳しい上司のタイプ
  1. 「愛の鞭」タイプ
  2. 「自分のことしか考えていない」タイプ

「愛の鞭」タイプとは、部下のことを思い成長を願うあまりに厳しくなってしまうタイプ。

「自分のことしか考えていない」タイプとは、なんでもかんでも理由を付けてダメ出しをして何かミスがあれば部下のせいにするタイプの上司です。

どちらも厳しい上司ではあるのですが、部下に対しての思いが全く違います。

厳しくても部下に対して思いやりのある上司であれば、部下にも好かれますしこの人についていきたいと誰もが思うはずです。

ただ仕事に対しては厳しいので、時には落ち込んでしまうことも…。

誰だってできることなら厳しくない上司のもとで仕事がしたいと思いますが、悲しいことに上司を自分で選ぶことはできないのが現実です。

なので上司のタイプを把握してうまくやっていくことが大切です。

厳しい上司との付き合い方と対処法

自分のことしか考えていない自分勝手な上司の場合

上司の言っていることをすべて真に受ける必要はありません。

話していておかしいなと感じることがあれば遠回しでもいいので自分の気持ちを伝えてみてください。

一人では伝えられない場合は、同僚や他の先輩に相談して味方に付けるのも1つの方法です。

あまりに理不尽なことをいう上司であれば、無理に従って自分がストレスを感じることはありません。

またできる限りかかわらないようにして距離を置いてみるのも必要です。

または逆に素直に言うことを聞いて行動するという手段もあります。

これは結構有効で、私もよく使うパターンです。

言うことを聞いて行動すれば、結果が万が一悪い方向に動いてもそれは上司の指示なので攻めてくることはありません。

もし攻めてきたら、コイツはぶっちぎりのヤバい奴だと思ってすぐ部署を異動するか転職を考えてもよいのではないでしょうか。

そんな人間を平気で野放しにする会社で働いていて大丈夫か?って一度考えてみてください。

社会には会社がたくさんあります。メンタルをつぶされるくらいなら逃げましょう!

戦ってもいいのですが、そんなやつに何言っても通じませんし、何を言っても変わりません。

そういう自分勝手な人は、そのスタイルが完全に身についてしまっているので変われないのです。

まずはやっぱり一人で考え込まず周りに相談することが大切ですね。

何度も言いますがクソみたいな上司につぶさせるくらいなら逃げましょう!

愛の鞭で部下を思って厳しい上司の場合

できる限り「自分のためを思っていてくれている」と思い、ポジティブに考えて上司についていくようにしましょう。

最初は大変でもスキルアップに繋がり、あなたの尊敬できる生涯の上司になること間違いなしです。

仕事はしっかりとこなして上司が満足するような結果を残せるように頑張ってみましょう。

前の職場で新卒時代からお世話になっていた上司がいたのですがまさにこのタイプでした。

時には厳しいけどいろいろ教えてくれた師匠的な存在で、今では飲みに行ったりする関係です!

厳しい上司といっても、タイプによってその対処法はさまざまです

成長できる機会だと思って、上司のスキルや技術を身に付け、あなた自身が尊敬される上司になるように頑張りましょう。

ただしあまりに辛い場合は転職をするのも1つの方法ですよ!

まとめ:辛くて耐えられないなら無理をしない

上司との関係がこじれてしまうと仕事が順調に回らなくなってしまったり、職場でも肩身の狭い思いをしなくてはいけない場合があります。

それだけ会社で仕事をしていく中で、上司との人間関係は重要です。

本記事では厳しい上司とどうやって付き合っていけばいいのか、その方法を紹介しました。

十人十色なので世の中にはいろんな人間(上司)がいます。

上司の数以上に部下もいてそれだけ悩んでいる人も沢山います。悩んでいるのは自分だけではありません。

絶対に自分が無能だからなんて思わないほうがいいです!

自分の気持ちと正直に向き合い、「合わない」、辛いと感じるのであれば、無理をすることはありません!

ストレスをためないように社畜生活を乗り切りましょー!