上司と合わないので異動したいけどどうしたらいい?転職せずにつらい状況を回避する方法

上司との関係
【本記事ではこんな不安・疑問を解消します】
  • 実際のところどうすれば異動できるの?
  • できれば転職せずに上司から離れたいんだけど。。

ヒロキオです!(hirokio_i

転職をするきっかけになる最も多い理由や原因は、人間関係によるものと言われています。

その中でも上司や、一緒に仕事をする先輩からのパワハラや精神的ストレスが多いと思います。

この記事を読んでいる方の中でも上司や先輩にストレスを感じている方は少なくないのではないでしょうか。

私自身もそうでしたし、私の同僚で精神的ストレスに耐え切れず会社を休みがちになってしまったり、会社を辞めて転職した人も何人も見てきました。

もちろん転職も1つの手段なのは間違いありません。(私も転職で解決した一人なのでw)

ですが転職先でも人間関係のトラブルが発生するリスクがゼロではないのも事実です。

それに会社自体は給料も満足しているし福利厚生も文句ないから今の会社から離れるのは勿体ない場合もあると思います。

なので会社の人間関係がつらい時の解決策として、

現在在籍している会社を離れずに上司のストレス問題を解決することができれば、転職の手間もかからずリスクも最小限に抑えることができます。

そこで本記事では、在職中に使える会社の人間関係がつらいときの解決法を紹介します。

何もしないと今のつらい状況は変わりません。 できることから行動してみましょう!

目次

上司と合わないストレス!会社を辞めずにつらい状況を回避する解決法

さまざまなサイトで苦手な上司や先輩との人間関係を回避するためには、同僚へ相談したり、苦手な人から距離をおこう!というようなアドバイスを見たことありませんか?

他にも「笑顔で挨拶」、「仕事で成果をだす」、「仕事だと割り切る」など。。

個人的な感想ですがそんなことで解決できたらそこまで悩んでないし苦労なんかしてないよ!と思います。みなさんはどう思いますか?

これで解決すればもちろんラッキーですが、そう簡単には解決できそうもない悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。

結局のところストレスの元凶から完全に離れ、一切かかわらないようにするしか方法はありません。

では、会社を辞めずに一切かかわらないようにするにはどのようにしたら良いか。

1.合わない上司がいる所属チームから異動する

同じグループに所属している限り、顔もあわせますしもちろん一緒に仕事をしなければいけません。

なるべく話さないようにしても仕事で関わる以上、必ず話すタイミングはありますので苦痛から解放されることはほぼほぼ不可能です。

例えば定例打合せや報告会などは同じチームにいるかぎり回避は不可能ですよね。

ではどうしたらいいのか?所属チームからの異動を希望してください。

例えば今の所属チームの業務と似たような業務を行っているチームへの異動を希望するんです。

似たような仕事をしているチームへの異動であればキャリアへの影響もありませんし、1から仕事を覚える必要もありません。

2.合わない上司がいる部署から異動する

職種が変わっても良いのであれば、部署異動も1つの選択肢です。

例えば、「開発部門から品質保証部門」や「営業部門から人事部門」などです。

人間関係だけではなく今担当している仕事が忙しくて仕事内容も変えたいと思っている方はおすすめの手段です。

おすすめな理由は簡単です。

別業種へ転職する場合、未経験での採用になり、給料等の条件が今よりさがることは確実ですが、社内での異動であれば給料が下がることはまず無いからです。

社内異動は条件が悪くなることはないので、デメリットなく、人間関係を職場環境、ワークライフバランスを一気に改善できる手段です。

3.合わない上司がいる事業所から異動する

グループや部署異動と同じですが、事業所を異動することでも人間関係をリセットできます。

例えば「東京事業所から玉川事業所」など。

規模がある程度多い会社であれば事業所をまたぐ異動が可能です。

どうすればいいの?異動するための方法

どうすればいいの?異動するための方法

シンプルです。異動した事を人事や総務に相談してください。

その時に「上司に耐えられないため異動したい。異動できなければ会社を辞めようと思っています」と理由を素直に伝えてください。

普通の会社であれば、会社から従業員が退職してしまうことを嫌がります。

なので辞めようとしている人間を会社に残ってもらうために現状を改善しようと動いてくれるはずです。

受け入れ先の部署の人員を確認して、異動の手続きを取ってくれる。

注意!ストレスの元凶(合わない上司や先輩)には絶対言うな!

ここで注意したいのがストレスの元凶が上司の場合、上司に異動を相談してしまうことはNGです。

ストレスの元凶に異動を相談しても全く意味がありません。

自分が原因で部下が異動希望していることを会社にばれたくはないからです。

それに「お前がイヤで我慢できないんだよ!」って直接言えればいいですが、そんなことを言えないですよね。

異動したいホントの気持ちを伝えられないのでぐちぐち何かを言われて余計ストレスがたまるだけです。

最終的には転職の選択肢も全然あり

会社に相談したにも関わらず全く状況が改善されず心身ともに限界の場合、転職を検討しましょう。

会社側が全く動いてくれないことから社員一人一人を大事にしない会社です。

そんな会社に残っていても遅かれ早かれ心身共に限界がきてしまいます。

そんなことなら早いうちに転職を視野に入れるべきです。

私は社内で異動できず転職を選択しました。

現在の職場では人間関係が良好なので、前の職場と比べると人間関係のストレスはほとんどなくなったと言えるくらい改善しました!

転職ができるか不安もあると思います。

その場合は、

「まず転職活動を始めてみて満足できる企業に内定したら転職する」

という手段をとりましょう。

無理してあせって転職することは絶対しないでください!

こんな記事も書いていますので参考にしてみてくださいね。

そして転職は転職エージェントを使って活動します。

私が使っていた転職エージェントは下記のとおりです。

ここを押さえておけばまず間違いないので参考にしてみてください。

まとめ:どうしても辛い時は少しでも未来を変えるための行動を!

転職をするきっかけになる最も多い理由や原因は、人間関係によるものと言われています。

その中でも上司や、一緒に仕事をする先輩からのパワハラや精神的ストレスが多いと思います。

人間関係の問題を解決する手段として転職も1つの方法ですが、在職中にできる対処法もあります。

それに現在在籍している会社を離れずに人間関係の問題を解決することができれば、転職の手間もかからずリスクも最小限に抑えることができます。

何もしないと今のつらい状況は変わりません。 できることから行動してみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる